顎のたるみを改善しよう|治療方法を特徴を徹底調査

医者

理想の顔に近づくために

カウンセリング

リフトアップ治療とは

大きな顔をしている方というのは、脂肪がたくさんある方や骨格が出ている方がほとんどです。それ以外にも、脂肪が必要以上についてしまったり、歳をとることで顎・頬のたるみができたりするなど、実際よりも顔が大きく見えてしまいます。とくに、歳を重ねた影響によるたるみに関しては老化現象でもあり、シワやシミと一緒でどんな方でも生じてくる症状になります。人の筋肉ですが、加齢とともに低下してくるため、重力に逆らうことなく地面へと下がっていきます。それと、顔には表情筋が通っているため、歳を重ねたことが関係して表情筋を動かす頻度が落ちることも理由のひとつです。その際、たるみを自分で何とかして変えようと努めても、中々望みのシャープなフェイスラインをつくっていくのは難しい部分があります。そこで、理想の顔を手に入れたいという目的を持った方が通うところが美容外科です。美容外科においては数々の美容整形を受けることができ、顔のたるみをなくしていくコースを設けています。顔には顎や頬などに脂肪が備わっていて、リフトアップ治療をやっていくことができます。リフトアップ治療はメスを使用していく方法で、顎のたるみを取って引っ張り上げる施術になります。美容外科によっては施術のやり方は異なり、メスを入れていくポイントや引き上げ方がそれぞれ違います。メスを使用するリフトアップ治療ですと金額はやや高くなってきますが、長い期間たるみを出ないように仕上げ、小顔をつくっていきます。あとは、今現在世間で耳にするリフトアップ治療には、限りなく細い糸を用いたコースがあります。メスを用いて切り開いていく施術とは異なり、医療用の糸を使って顎のたるみを引き上げていきます。施術で使用する糸というのは美容外科それぞれ異なり、金の糸を使用する美容外科も中にはあります。その際、金の糸には肌を美しく仕上げる効果も期待できるので、顎についているたるみをなくしていくのとともに、つやをゲットできます。これにより、美容外科においてはリフトアップ治療をして小顔をつくりながらエイジング効果が得られることからも、多くの方が美容外科へ足を運んでいます。

TOP