顎のたるみを改善しよう|治療方法を特徴を徹底調査

医者

施術を受ける前に

女性

施術の説明を

二重顎が解消されますと、フェイスラインをすっきりさせることができて痩せたような印象を与えることができます。顎のたるみを解消するために美容整形外科を訪れる人は多くて、美容外科ではレーザーを使用して二重顎を取ることができます。レーザーを当てて脂肪を壊することで、たるみを取ることが可能となります。たるみを解消するために使用する機器は様々で、サーマクールなどはよく使用されます。サーマクールは皮膚のたるみに強い特徴があります。顎のたるみを解消する方法として脂肪溶解注射などもあります。脂肪溶解注射は脂肪を溶かす薬を使用します。脂肪溶解注射には様々な種類があり、腫れが出ない種類もあります。脂肪吸引をすることでたるみを解消することもできて、美容整形外科でこの施術を受ける人は多いです。脂肪溶解注射は、ダイエットでも落ちにくい部位やセルライトにも効果を発揮する利点があります。脂肪溶解注射で使用する薬剤はとても進化していて、脂肪の燃焼力を高めて脂肪の老廃物を運ぶリンパ液の流れをスムーズにすることも可能にします。脂肪細胞の細胞膜を溶解して、脂肪細胞そのものを焼失させる成分を多く含有している薬剤などもあります。脂肪溶解注射は薬剤を部分的に注入するだけなので、体への負担が非常に軽いという特徴もあります。ダウンタイムも少ないので、日常生活にすぐに戻ることも可能です。脂肪吸引施術とともに、リフトアップ手術も行うこともあります。リフトアップ手術では糸でフェイスラインを引き上げます。首の縦じわをとることで、若返った印象を与えることもできて、首の皮膚を切開して筋肉を縫い縮める手術を美容整形で受けることは多いです。美容整形で受ける施術によって様々な効果を得ることが可能となります。様々な施術に関する説明は初診の時のカウンセリングで受けることもできます。カウンセリングでは麻酔に関する説明を受けることができて、痛みのない麻酔に関する情報を得ることもできます。納得の行く治療を受けるためにはカウンセリングの時間を重視する必要があります。

TOP